ベルマーク運動への参加

【Report】被災地の小学校にお届けしました

ファミリーマートとベルマーク

  • コンビニエンスストアで初めてベルマーク運動に参加

ファミリーマートは「すべてのこどもに等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたい。」というベルマーク活動の願いに賛同し、2008年4月1日より全国で発売しているおむすびにベルマークを付けて販売しています。

この「おむすびにベルマーク」の取り組みは、コンビニエンスストアとしては初めてであり、あらゆる人たちにとって家族の代替機能を果たすファミリーマートが地域社会の一員としてこども支援に取り組む活動です。

おむすびにベルマークがついています。

おむすびにベルマークがついています。

  • ベルマーク運動とは?

ベルマーク運動は1960年(昭和35年)に始まった国内外の学校教育向上を支援する運動です。運動はPTAと企業、そしてベルマーク財団がスクラムを組んで進めています。協賛会社が商品に付けているマークを、運動に参加しているPTAが収集、仕分けを行い、財団に送ります。

集まった点数は1点あたり1円に換算され、学校のベルマーク預金になります。学校はその預金を使い、自分たちの学校に必要な教材備品を協力会社から購入することができます。

さらに、購入金額の10%がベルマーク財団に寄付される仕組みになっています。

  • これまでの実績

全国のファミリーマートでお預かりしたベルマークは、各店舗より最寄りの学校へ寄贈しています。

また「池袋本社内ベルマーク運動」という活動を通じて、ファミリーマート池袋本社および食品製造委託工場でもベルマークを収集、2011年からは、災害で被災したこどもたちへの支援として被災地の学校へ寄贈しています。

今後もベルマーク運動を通じて、こどもを支援する「ファミリーマートらしい」取り組みを継続して実施していきます。

池袋本社と全国の食品製造委託工場で集められたベルマーク

年度点数(点)
2008年度14,260.3
2009年度104,484.7
2010年度54,813.0
2011年度93,221.7
2012年度145,433.6
2013年度126,509.9
2014年度92,982.7
2015年度218,329.2
2016年度144,896.0
合計994,931.1

おむすびに付いているベルマークをお店にもっていこう!

皆さまのベルマークを店内にあるベルマーク回収BOXにお入れください。

店舗でお預かりしたベルマークは地域の小学校に届けられるほか、食品製造委託工場及びファミリーマート本社で収集したベルマークと合わせて被災地の小学校へお届けします。

【Report】被災地の小学校にお届けしました

【Report】被災地の小学校にお届けしました

【Report】被災地の小学校にお届けしました

【Report】被災地の小学校にお届けしました

関連情報

ページトップへ