安全・安心な地域社会づくり

地域社会のより良い未来のために

こどもや女性、高齢者が店舗に駆け込んだ際の保護や青少年の健全な育成のための声掛けなど、日本フランチャイズチェーン協会の一員として、地域の安全を守る「セーフティステーション活動」に取り組んでいます。さらに、自治体との「包括協定」を通じて安全・安心なまちづくりに取り組み、地域コミュニティの一員として地域社会をサポートしています。

また、店頭募金「ファミリーマート夢の掛け橋募金」を通じて集まった浄財は、こどもたちの豊かな成長に寄与する活動と地域の緑を守る活動に活用されています。

2016年 地域社会で果たすファミリーマートの役割報告

2016年 地域社会で果たすファミリーマートの役割報告

※ 数値は一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会セーフティステーション活動アンケートより

  集計対象期間:2016年1月1日~2016年12月31日

  対象店舗:ファミリーマート、サークルK、サンクス

活動の目的と趣旨の画像

ページトップへ