内部統制システム

内部統制システムの構築体制

ファミリーマートでは、取締役会で決定した「内部統制システム構築の基本方針」に基づき、「CSR・コンプライアンス部」を設置し、内部統制システムの構築を推進するとともに、「リスクマネジメント・コンプライアンス委員会」において、内部統制システムの整備及び運用の状況を審議しています。

内部統制システムの構築状況

「CSR・コンプライアンス部」は、リスクマネジメント・コンプライアンス、財務報告に係る内部統制、情報管理の全社統括部門として、主に以下の取り組みを行っています。
また、グループ会社における業務の適正を確保するため、状況に応じ取締役及び監査役を派遣して経営を把握し、業務の適正を推進しているほか、主要な内部統制項目の体制整備についての助言・指導や、グループ会社の教育・研修などを行っています。さらに、グループ会社の監査役と当社の監査役会との定期的な情報交換、施策の連動等を行い、グループとしての内部統制システムの整備を図っています。

財務報告

財務報告(有価証券報告書など)に係る内部統制の充実を図るため、社内規程を制定するとともに、当社の財務報告に係る内部統制を評価し、財務報告の重要な事項について、虚偽記載などが生じないよう必要な体制を整備及び運用する取り組みを行っています。

事業継続計画(BCP)

大規模災害などの緊急事態が発生した場合に、コンビニエンスストア事業を継続し、あるいは店舗の営業を早期復旧することにより、コンビニエンスストアとしてのお客様に対する使命を果たすことを目的として、この計画を整備しました。役員及び社員は、この計画に基づき、大規模災害などの緊急事態への対応を行うことにより、被災の最小化と復旧時間の短縮を目指します。

個人情報に関する取り組み

厳しい基準で運用を行うことで、個人情報保護をはじめとした情報管理強化に取り組んでいます。
個人情報保護については、個人番号も含め、必要に応じてルールや運用の整備・見直しを行い、法令の制定・改正や個人情報に関する社会からの要請に対応してまいります。

関連情報

ページトップへ