「社会・生活インフラ企業」として

「社会・生活インフラ企業」としての画像

少子高齢化、単身世帯や働く女性の増加など、社会構造が変化する中で、コンビニエンスストアに求められる機能も多様化しています。ファミリーマートは「社会・生活インフラ企業」として、その機能を進化させることで多様化する消費者ニーズに応えています。また近年では、業態や店舗形態を柔軟に変化させた新規ビジネスにも積極的に取り組んでいます。「社会・生活インフラ企業」としての価値提供に向けた取り組みをご紹介します。

求められる「社会・生活インフラ」としての価値提供

高齢化の進展、単身世帯や働く女性の増加をはじめ、人々のライフスタイルは多様化しています。日々の買物や調理に時間や手間を掛けることができず、近くにある店で必要な商品を必要なだけ揃えたい、と考える消費者が多くなっていることも、その一例です。こうした変化に伴って、コンビニエンスストアを利用する客層の幅も拡大しています。特に2011年3月の東日本大震災以降、身近にある(距離)・年中無休で時間帯を問わず営業している(時間)・必要な商品・サービスが揃っている(品揃え)といった徒歩圏内で買物やサービス利用を完結できる利便性が評価され、これまでコンビニエンスストアを利用することの少なかったシニア層や主婦、単身女性の利用も多くなっています。既に人々の生活になくてはならない存在になっているコンビニエンスストアには、「社会・生活インフラ」としての新たな価値を提供することが求められています。

求められる「社会・生活インフラ」としての価値提供の画像

コンビニエンスストアの枠を超えて

これまでファミリーマートは、変化する消費者ニーズを捉え、利便性を追求することでその機能を進化させてきました。地域ごとに異なるニーズに対応した品揃えの充実など「物販機能」の進化に加え、生活に密着したサービスを身近な店で利用したいというニーズに応え、ATMや各種料金の収納代行などの「金融機能」、マルチメディア端末を介したチケット発券などの「サービス機能」を拡充させてきました。
コンビニエンスストアが「社会・生活インフラ」としてますます期待されていることを踏まえ、ファミリーマートは2015年度までの中期経営計画に、従来のコンビニエンスストアの枠を超えた周辺分野への積極展開を重点施策の一つとして盛り込んでいます。この計画のもとで打ち出している新規事業・新サービスのうちのいくつかをご紹介します。

コンビニエンスストアの枠を超えての画像

真の「社会・生活インフラ企業」を目指す

社会の変化を注視し、時代のニーズに合致した、より良いサービスで応え続けていくことがファミリーマートの存在意義であり、使命でもあります。また、社会に価値を提供し、絶え間なく機能を進化させていくことが、企業価値の持続的な向上にもつながるとファミリーマートは考えます。今後も収益機会の拡大を志向するとともに、社会の中で役割を果たし、真の「社会・生活インフラ企業」を目指していきます。

関連情報

ページトップへ