配送時の配慮

配送時も商品に適した温度管理に配慮

食材(原料)を工場に、できあがった商品を工場から配送センターに、そして配送センターから各店舗へと、ファミリーマートの物流プロセスにおいては、食材や商品ごとに「冷凍」「チルド」「定温」などの温度帯に分け、徹底した温度管理を行っています。
商品は「定温(16℃~20℃)」「チルド(3~8℃)」を扱う定温センター、「冷凍(-20℃以下)」を扱う冷凍センター、「常温」を扱う常温センターで保管・仕分けされ、最適な温度で管理されます。

配送時も商品に適した温度管理に配慮の画像

効率のよい配送で常に新鮮な商品をお届け

常に新鮮な商品をお届けするために、弁当やチルド商品は、1日3便の店舗配送を実施しています。配送車両には、「定温室」と「チルド室」の2つを備えた定温車両の他、冷凍車両、常温車両を使用。品質を保持しながら、スピーディで効率のよい配送を行っています。

効率のよい配送で常に新鮮な商品をお届けの画像

配送の流れ

配送の流れの画像

ページトップへ