特集  -Special Feature -

特集03 グローバルCSRの推進

世界中で必要とされ、愛される社会・生活インフラとなるために

世界の社会・生活インフラとして果たすべき役割と責任

世界のどこへ行っても変わらない品質とサービスを提供し、安心してご利用いただくために、ファミリーマートとエリアフランチャイズ各社は、ファミリーマートの「社会的存在価値の共有」と「社会的責任の遂行」に向けて、ファミリーマートグローバルプロジェクトを通じてさまざまな取り組みを推進しています。
共通の価値観を持つために、各社のトップが集まるファミリーマートサミットにおいて、2012年にグローバルファミリーマート全体での共通認識となる、「グローバルスローガン」、「グローバルアクションプランガイドライン」を設定しました。また、グローバルCSRプロジェクトでは、グローバルファミリーマートの社会的存在価値「Happiness for All」を策定し、CSR実務者会議を通じてアクションプランの討議を重ねています。
世界の社会・生活インフラとして、世界中のお客さまから選ばれる存在となるために、グローバルファミリーマートは一丸となって取り組んでいます。

ファミリーマート「グローバルこども募金」~わたしたちは次世代支援事業に取り組んでまいります。~詳しくはこちら

ファミリーマートグローバルプロジェクト CSR推進の取り組み

社会的存在価値の実現

グローバルな将来世代の育成支援

ファミリーマートはグローバルファミリーマートの社会的存在価値「Happiness for All」を目指し、ファミリーマートの出店する国・地域でのこども支援・育成事業に取り組んでいます。国内外のファミリーマートがそれぞれの地域拠点の中心となり、お客さまから選ばれる存在となるために一丸となって取り組んでいます。

グローバルCSR活動 「アクションプラン」の全体像

こども店長プログラム

ファミリーマート独自のこども支援活動として、こども店長を中心としたこども支援活動を行っています。
2015年、こども店長の取り組みをガイドライン化し、各国で精力的に取り組んでいます。

ファミリーマートのこども店長
  • 期間:年間活動
  • 対象:小学6年生までのお子さま
  • 体験内容:ストアツアー、品出し・前出し、挨拶の練習、レジ接客体験、「こども店長認定証」授与
日本の画像
日本
台湾ファミリーマートのこども店長
  • 期間:2015年4月10日~5月10日
  • 店舗数:122店舗
  • 対象:3~10歳
  • 体験内容:接客用語の練習、販売期限の学習、商品整理、品出し、レジ接客体験、ソフトクリームづくり
台湾の画像
台湾
ベトナムファミリーマートのこども店長
  • 期間:2015年8月10日
  • 店舗数:4店舗
  • 対象:5~12歳
  • 体験内容:自己紹介、挨拶の練習、売り場説明(前出し、販売期限管理)、レジ接客体験、体験証明書授与、記念撮影、ノート等参加賞授与
ベトナムの画像
ベトナム

グローバル環境プロジェクトの推進

2010年に洞爺湖で開催された、各国の経営トップが出席するFamilyMart Summitにおいて、グローバルCSRの一環として「グローバル環境プロジェクト」の取り組みが合意されました。2011年の上海サミットでは、2015年までに2010年度比20%の電力消費量削減目標が可決され、以後各国で目標達成に向けたアクションプランの推進に取り組んでいます。
新設店を中心とした、「省エネ機器導入・照明LED化」「冷ケース/空調/照明のインバータ化」の推進や、既存店における節電対策をはじめ、各国で、さまざまな電力使用量削減に向けた取り組みを進めています。
店舗面積拡大(イートインコーナー設置など)や新什器導入などにより電力消費量が増加し、2014年度はグローバルファミリーマート全体で、2010年度比9.9%の削減となりました。

グローバル環境プロジェクト宣言内容
※2015年までに、1店舗当たりの電力使用量を2010年度の
 167,000kwh(グローバルファミリーマートの全店舗の電力
 使用量を店舗数で割った数字)から20%削減する。

各社別数値目標&アクションプラン

ページトップへ