2004年04月02日
企業情報

上海福満家便利有限公司の設立と上海市における
ファミリーマート事業の展開について

株式会社ファミリーマート(本社 東京都豊島区)と伊藤忠商事株式会社(本社 東京都港区)は全家便利商店股有限公司(台湾ファミリーマート/台北市)・頂新(開曼島)控股有限公司と中国国内企業である中信信託投資有限責任公司(北京市)との5社で、上海市内でのファミリーマート事業を展開する為、新会社「上海福満家便利有限公司」の設立申請を中国政府に申請、この度申請が批准されました。新会社は今夏、第1号店開店を目指し、今後3 年以内に300 店舗程度の出店を行い、以後これを加速する予定です。

株式会社ファミリーマートは、日本発のフランチャイズチェーンとして日本、台湾、韓国、タイでの「アジア一万店」達成に続き、中華人民共和国・上海への出店を致します。左記の4ヶ国に加えて中国、米国を含めたPan Pacific 構想の下、とりわけ中国については重要地域として捉え展開して参ります。

伊藤忠商事株式会社は、「生活消費関連分野」をSuper Powerful 分野、中国ビジネスをAttractive 分野として強化していきます。重点施策の一環として、頂新国際集団とは包括提携契約を交わし、既に清涼飲料事業、外食事業、物流事業での共同取組を決めております。これらに続き、CVS 事業の展開を行ないます。

頂新(開曼島)控股有限公司は、中国最大手の総合食品メーカーであり、また、川下分野にも非常に注力しております。中国第5位、上海第一位ハイパーマート「楽購」及び全国に300店舗強の外食事業を展開、積極的に川下分野に取組んでおります。更にその中国最強の物流網を含めた総合食品メーカーとしてのインフラ・ノウハウ・人材といった経営資源を投入し、CVS 事業を積極的に推進して参ります。

全家便利商店股有限公司(台湾ファミリーマート)は、台湾で成功したAFC 運営ノウハウを提供し、中国でのCVS チェーン展開の加速を図ります。

<新合弁会社の概要>

社名     : 上海福満家便利有限公司
所在地   : 上海市
代表者   : 董事長 魏 應交
資本金   : 70 百万人民元
出資比率 : China CVS(Cayman Islands) Holding Corp. 65%
          中信信託投資有限責任公司35%

※1 China CVS(Cayman Islands) Holding Corp.株主構成
    頂新(開曼島)控股有限公司50.5%
    (株)ファミリーマート・チャイナ・ホールディング49.5%

※2 (株)ファミリーマート・チャイナ・ホールディング株主構成
    株式会社ファミリーマート34%
    全家便利商店股有限公司33%
    伊藤忠商事株式会社33%
事業概要 : 上海地区におけるコンビニエンス・ストアチェーン事業経営

以上

ニュースリリース2004年

ページトップへ