ニュースリリース詳細

コンビニエンスストア業界初!
個店設置型「電子レンジ式生ゴミ処理機」導入を開始

2003年01月21日

株式会社ファミリーマート(本社 東京都豊島区)は、2003年3月よりコンビニエンスストア業界初の個店設置型「電子レンジ式生ゴミ処理機」を、ファミリーマート全国の直営店舗に順次導入を開始します。

現在、ファミリーマートでは東京都他全国5地区(356店)で生ゴミ回収業者に委託して店舗から排出される生ゴミ(弁当・総菜・おにぎり・サンドイッチ等)のリサイクルを行っておりますが、今回新たな生ゴミリサイクル方式として、店舗内にて一次加工処理ができる個店設置型「電子レンジ式生ゴミ処理機」を導入します。

今回導入の「電子レンジ式生ゴミ処理機」は小型で設置スペースをとらず、菌を使用しない為に悪臭がなく、安全性、操作性、衛生面にも優れており、コンビニエンスストア店舗の狭いバックヤードへの設置に適しています。
また、同機は店舗から出る生ゴミをマイクロウエイブ方式の乾燥処理で減量し、1回あたり生ゴミ5kgを約80分の処理時間で、重量を約1/2、容量で約1/4にまで削減できます。乾燥処理後は、約1/4の減容量に伴い、回収頻度の削減につながるため、店舗の廃棄物処理コストの削減にもなります。回収後はリサイクル原料として、二次加工業者に引き取ってもらい活用をします。

今後については2003年度より全国の直営店舗へ導入し、オペレーション面、コスト面を考慮しながら、フランチャイズ店舗への導入を検討し、ファミリーマート全体としてゴミの削減、環境負荷の軽減に向けて対応してまいります。

「電子レンジ式生ゴミ処理機」の概要

(1)処理機の特徴  安全性・操作性共によい
(2)臭いが少ない  処理中、処理後、保管時も臭が少ない
(3)衛生面     加工処理しているため、一定期間の保存が可能。
(4)処理時間    マイクロウェーブ方式のため、短時間の処理が可能。
(5)減量率・減容率 減量率1/2・減容率は1/4
(6)サイズ     幅525×奥行き565×高さ750(mm)
(7)製造メーカー 株式会社ジャパン・エンジニアリング・サプライ(東京都中央区)

ページトップ

Copyright © 2014 FamilyMart Co., Ltd.
All Rights Reserved.