ニュースリリース詳細

ファミリーマートと毎日新聞社が協力!
12月より大阪府の8店舗で宅配実験を開始!
お買物をより便利に!より快適に!

2010年11月25日

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区)は、株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区)と、共同でファミリーマート商品の宅配実験を実施することで合意いたしました。12月に大阪市及び堺市内のファミリーマート直営店8店舗で実験を開始します。
ファミリーマートと毎日新聞社はTポイントのアライアンスに加盟していることに加え、ファミリーマートでは店舗での販売のみならず、新たな販売チャネルの構築、また、毎日新聞社は販売店の活性化を目的とし、今回の共同実験に合意いたしました。

■増加する「買物弱者」はおよそ600万人。両社のインフラを活用し、宅配事業を開始!
経済産業省の「地域生活インフラを支える流通のあり方研究会報告書」によると、食料品等の日常の買物が困難な状況に置かれている人々、いわゆる「買物弱者」が増加しており、その数はおよそ600万人程度と推計されています。農村部での過疎化による商店の撤退はもとより、都市郊外においても外出が困難な高齢者が増加しています。また、当社調査によると、都心部のオフィス街においても高額賃料等の理由により商店が出店できない地域もあり、ランチなどのお買い物に不便を感じている方が多くいることがわかっています。
そこでこのたび両社は、ファミリーマートが持つ店舗網、各地域に密着している毎日新聞の販売店という双方が持つインフラを活用した宅配事業を通して、お買物に対する皆さまの不便を解消し、地域での快適な生活のお手伝いをしてまいります。

■毎日新聞の販売店が宅配を受託する実験スキーム
【毎日新聞】
商品の配達、集金等の業務を、14箇所の毎日新聞の販売店が担当いたします。また、本スキーム構築のために、お客さまへのヒアリング等も実施いたします。

【ファミリーマート】
宅配の電話での受注、商品の用意を指定のファミリーマート店舗で実施いたします。
前日の13時までにご注文いただきましたら、翌日の12時前後にお届けすることを想定しています。

■まずはオフィスからスタート。個人宅向けの宅配も順次開始予定。
まずは、店舗近隣のオフィスの昼食需要への対応として、昼間のオフィスへの宅配から開始いたします。その後、特に中高年のお客さまを中心とした個人宅向けの宅配も順次開始する計画としています。ファミリーマート店舗がお電話で受付し、配達は販売店の担当者がお伺いしますので、パソコンをお持ちではない方や、操作が苦手な方でも、安心してご利用いただくことができます。

今後は、実験結果を検証したうえで、サービス店舗、地域の拡大などを検討してまいります。

ファミリーマートは、“あなたと、コンビに、ファミリーマート”のスローガンのもと、あらゆる年代のお客さまとの家族のようなお付き合いを通して、気軽にこころの豊かさを感じていただけるコンビニエンスストアを目指し、“ファミリーマートらしさ”を追求してまいります。

以上

ページトップ

Copyright © 2014 FamilyMart Co., Ltd.
All Rights Reserved.