ニュースリリース詳細

【九州地方限定】
長崎県産鯵を使用した「鯵のつみれ入り和風スープ」を発売!

2012年03月22日

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:上田準二)は、長崎県漁業協同組合連合会の協力のもと、長崎県産の鯵のすり身を使用した「鯵のつみれ入り和風スープ」(税込:385円)を2012年3月27日(火)から九州地方のファミリーマート約750店(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・山口県の一部)で発売いたします。

■長崎県漁連協力のもと、長崎県産鯵のすり身を使用

このたび発売する「鯵のつみれ入り和風スープ」は、長崎県漁連の協力のもと、長崎県で水揚げした鯵を使用しました。ファミリーマートでは、漁連との取り組みを強化しており、水揚げした漁港近郊で加工することで、より鮮度のよい、高品質な食材を使用する事にこだわりました。また、地域の食材として、旬を迎え甘味の増す九州産春キャベツも使用しています。なお、この商品は、ファミリーマートが主催し、中高年向け商品・サービス等を研究している「おとなコンビニ研究所」が開発した商品です。

商品名:鯵のつみれ入り和風スープ(春きゃべつ入り)
価 格:385円(税込)
内容:長崎県産鯵のすり身にごぼう・玉葱を混ぜ込みつみれに仕立てました。鰹だしに椎茸の戻し汁、淡口醤油をくわえた、椎茸の風味豊かなスープに、豆腐、椎茸、旬を迎える春キャベツを盛り込みました。

■ファミリーマートでは“リージョナルマーケティング”を推進しております 

ファミリーマートでは、「リージョナルマーケティング」として、地産食材の活用、地域漁連との取り組み、地域企業とのタイアップなどを通じ、地域のお客様の味覚、嗜好にあった商品開発を推進しております。

ファミリーマートは、お客さまひとり一人と強く、深くつながり、「気軽にこころの豊かさ」を感じていただけるコンビニを目指して「ファミリーマートらしさ」を追求してまいります。

以上


<おとなコンビニ研究所とは>
「アクティブで豊かな生活を送りたい」「こころの豊かさを求めたい」…
今を生きる50歳から65歳の世代は、これまでの高齢者や熟年、シルバー、
シニアという言葉ではもはや語れません。新しい日本人の誕生、と言っても過言ではないのです。そこでファミリーマートは2010年、同じ考えを共有する『クラブ・ウィルビー』のメンバーと協働で、『おとなコンビニ研究所』を起ち上げました。
コンビニらしい発想と、まさにその世代を象徴するクラブ・ウィルビーの視点による、これまでにない新しいコラボレーション研究所です。
“おとな”向けの商品やサービスの開発をはじめ、“おとな”が愉しめるイベントや社会活動、さらには地域ネットワークの構築など、少子高齢化時代を見据えて、あらゆる角度から、新しい“おとな”世代のライフスタイルを提案してまいります。

※おとなコンビニ研究所ホームページ http://www.otona-conveni.jp/index.html 

ページトップ

Copyright © 2014 FamilyMart Co., Ltd.
All Rights Reserved.