2016年06月10日
企業情報

台湾における店舗数が3,000店を達成!
〜イートインスペースの設置や異業種との一体型店舗も展開〜

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:中山勇)は、2016年5月の集計をもちまして、台湾における店舗数が3,000店を達成いたしましたのでご報告いたします。

ファミリーマートは、1988年に全家便利商店股份有限公司(以下、「台湾ファミリーマート」)を設立し、日本発祥のコンビニエンスストアとして、いち早く海外におけるコンビニエンスストア事業の展開を開始しております。現在、海外においては、タイ・中国・ベトナム・インドネシア・フィリピンを含む6か国地域で5,929店、国内外合計で17,690店(2016年5月末時点)を展開しております。

台湾では本年人口の過半数が40歳を超え、10年以内に5人に1人が65歳を超える超高齢化社会に突入すると見込まれております。台湾ファミリーマートでは、2010年からイートインスペースを増設するほか、2015年からドラッグストア、スーパーマーケットなど、異業種との一体型店舗も展開するなど、時代の変化に合わせた店舗展開を行っております。今後も、さまざまな商圏や年齢層のお客さまのニーズに応えられるよう、より一層出店を強化し、台湾に根差したコンビニエンスストアを展開してまいります。

ファミリーマートグループは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、「Fun&Fresh」をテーマに、小商圏における生活インフラとして、来るたびに楽しい発見があり、新鮮さにあふれた、お客さまの気持ちにいちばん近いコンビニエンスストアを目指してまいります。

以上

ニュースリリース2016年

ページトップへ