2011年01月11日
企業情報

あなたの町から、世界の町へ。
中国のファミリーマートが500店舗を突破!

2010年12月末日の統計をもちまして、ファミリーマートの中国における店舗数が531店舗と、出店開始から6年余りで500店舗を突破いたしましたのでご報告いたします。ファミリーマートは、日本発祥のコンビ二エンスストアとして中国内で最大数の店舗を展開しています。

ファミリーマートは中国において、2004年7月に上海で出店を開始し、その後、広州、蘇州にも展開地域を広げ出店を重ねてまいりました。
当社の海外展開は、現地法人と当社との合弁を原則としており、ライセンス供与とは異なる各社間の絆が特徴です。中国については、中国大手食品グループの“頂新グループ”をパートナーとし、88年の設立以来20年以上にわたり台湾でコンビ二経営ノウハウを蓄積してきた“台湾ファミリーマート”、総合商社の“伊藤忠商事”と共に合弁会社を設立し、運営しております。
中国では、日本や台湾で培った“ホスピタリティ溢れる接客”はもとより、“弁当”や“おむすび”、“おでん”など、日本ならではの中食を現地風にアレンジするなど、合弁ならではの各社の強みを融合させた取組で中国のお客さまニーズにお応えしてまいりました。

なお、ファミリーマートグループは、2012年には世界2万店体制を、2015年には2万5,000店体制(内、中国では4,500店舗)を計画しております。

ファミリーマートは今年創立30周年を迎えました。世界中のお客さまに育てていただいたこれまでの感謝を忘れずに、これからもお客さまひとり一人と強く、深くつながり、「気軽にこころの豊かさ」を感じていただけるコンビニを目指して「ファミリーマートらしさ」を追求してまいります。

以上

>>世界に広がるファミリーマート

【中国展開概要・店舗数:2010年12月31日現在】

上海福満家便利有限公司2004年5月設立(出店開始04年7月)420店舗
広州市福満家便利店有限公司2006年9月設立(出店開始07年1月)80店舗
蘇州福満家便利店有限公司2007年7月設立(出店開始07年9月)31店舗

ニュースリリース2011年

ページトップへ