業績ハイライト

2020年2月期決算業績概況

事業利益は増益。親会社所有者帰属利益も実質増益。

事業利益  645億円(前期差+130億円)

①商品力強化による既存店日商の向上、ブランド転換店舗の好調な推移による収益貢献

②2019年7月より開始した自社決済アプリ「ファミペイ」を利用した販促費の効果的運用

③その他統合関連費用等の本部コスト削減

 

親会社所有者帰属利益  435億円(前期差▲18億円)

①持分法適用会社の利益改善

②2019年2月期実施の構造改革効果及び閉鎖店舗数の減少に伴う閉鎖損失及び減損損失の減少

③2020年2月19日リリースの構造改革に伴う早期退職制度割増退職金を除くと実質増益を確保

関連リンク

ページトップへ