業績ハイライト

2019年2月期の業績概況

事業利益・親会社の所有者に帰属する当期利益ともに増益

【要因】

  • ①ブランド転換店日商向上による収入増、不採算店閉鎖によるコスト削減
  • ②ユニー株式売却益・税効果益を活用した構造改革を実施

ページトップへ