IR基本方針・ディスクロージャー

IR基本方針

当社は、「正確性・迅速性・公平性を旨とし、シンプルで誠実な情報開示を行う」ことをIR活動のポリシーとしています。社長の強いリーダーシップのもと、半期ごとの決算説明会や、海外IR、個別取材対応、ホームページや各種刊行物の充実を積極的に行っています。今後もIR活動の一層の強化を図っていきます。

株主および投資家等との対話

  1. 1.株主および投資家等との対話はCFOを責任者とし、合理的な範囲で経営陣幹部または取締役が対応するよう努めます。
  2.  
  3. 2.CFOは、株主および投資家等との対話に関する実務担当部署としてのCFO・IR室を統括し、またCFO・IR室は定期的なミーティングを含めた社内関係部署との連携を密に行うことにより、経営陣幹部または取締役による株主および投資家等との対話を補佐するものとします。
  4.  
  5. 3.CFOは対話を通じて得られた株主および投資家等の意見・懸念を定期的に取締役会に報告します。また、これに限らず、経営陣幹部への情報共有を随時行います。
  6.  
  7. 4.CFOはCFO・IR室を担当部署として、様々な機会を通して株主および投資家との対話の促進を図るものとします。

適時開示に係る社内体制の概要

  1. 1.当社は、情報取扱責任者をCFO・IR室長とし、会社情報の適時開示業務はCFO・IR室の職務としております。
  2.  
  3. 2.当社においては、CFOおよび情報取扱責任者であるCFO・IR室長が、取締役会のほか、経営会議など、社内の重要な意思決定を行う会議および重要事項を審議する会議にはすべて出席し、社内および関係会社等の重要事項を迅速かつ適時適切に把握できる体制となっております。また、CFOおよびCFO・IR室長が経営企画本部・経理財務本部と常に連携を図り、適時開示に遺漏が起きないよう点検するとともに、必要に応じてその他社内関係部署と協議を行うなど、正確な情報の適時開示ができる体制を構築しております。
  4.  
  5. 3.当社は企業情報の適時開示業務等の適切な運用について明文化しております。また、インサイダー取引については、「内部者取引防止規程」を制定し、厳しい監視体制を維持しております。
  6.  

沈黙期間

  1. 当社は決算情報の漏洩防止と公平性の確保のため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、期間中においては決算に関するご質問等への回答を控えております。ただし、既に公表済みの情報については対応いたします。また、期間中に適時開示に該当する事項が発生した場合には、速やかに開示を行います。

社外からの評価

2020年1月

国際的な非営利団体であるCDP*による2019年度の気候変動調査において、Bランクに選定されました。

*CDPは、環境影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営しています。

2019年には、全世界で8,000社以上にのぼる企業が、気候変動、水資源、森林等に関するCDP質問書を通して

環境情報開示を行っています。

2019年12月

大和インベスター・リレーションズ株式会社が発表している「インターネットIR表彰」において優良賞に選定されました。

2019年12月

日興アイ・アール株式会社「2019年度全上場企業ホームページ充実度ランキング」の総合ランキングにおいて最優秀サイトに選定されました。

SNAMサステナビリティ・インデックス

2019年6月

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が独自に設定する「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に選定されました。

2018年12月

日興アイ・アール株式会社「2018年度全上場企業ホームページ充実度ランキング」の総合ランキングにおいて最優秀サイトに選定されました。

2018年11月

日本IR協議会より、中長期にわたってIR活動を継続し、適切な情報開示と建設的な対話に向けて取り組んでいる企業を特別に表彰する「日本IR協議会設立25周年記念表彰」において、「IR向上企業」に選定されました。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

2017年7月

MSCIが設定する「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」に採用されました。

SNAMサステナビリティ・インデックス

2017年6月

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が独自に設定する「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に選定されました。

ページトップへ