自転車向け傷害保険

我が家はこれ1つ。『自転車向け傷害保険(傷害総合保険)』

幅広い補償範囲と対象者(賠償責任)/ご自身のケガも補償/お手ごろな保険料

主な補償内容

他人にケガをさせた場合・他人の財物を壊した場合の補償

本保険は、国内外問わず、自転車事故や自転車事故以外で、日常生活中に他人にケガを負わせたり他人の財物を壊したり(損害を与えたり)したこと等により法律上の損害賠償責任を負担された場合に保険金をお支払いします。
職務に従事している時の事故により負担された賠償責任はお支払いの対象となりません。

被保険者の範囲※1 保険金額

①本人※2

②本人の配偶者※3※4

③本人またはその配偶者の同居の親族※3

④本人またはその配偶者の別居の未婚の子※3

◎ 最大3億円
示談交渉サービス付(日本国内のみ)

※1 被保険者本人またはその配偶者との続柄および同居または別居の別は、損害の原因となった事故発生時におけるものをいいます。

※2 本人が未成年者または責任無能力者の場合、親権者、その他の法廷の監督義務者および監督義務者に代わって責任無能力者を監督する方(その責任無能力者の親族にかぎります。)。ただし、その責任無能力者に関する事故にかぎります。

※3 ②から④のいずれかの方が責任無能力者の場合、親権者、その他の法廷監督義務者および監督義務者に代わって責任無能力者を監督する方(その責任無能力者の親族にかぎります。)。ただし、その責任無能力者に関する事故にかぎります。

※4 配偶者とは婚姻の相手方をいい、内縁の相手方(※5)および同性パートナー(※6)を含みます。

※5 内縁の相手方とは、婚姻の届出をしていないために、法律上の夫婦と認められないものの、事実上婚姻関係と同様の事情にある方をいいます。

※6 同性パートナーとは戸籍上の性別が同一であるために、法律上の夫婦として認められないものの、婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある方をいいます。

内縁の相手方および同性パートナーは、婚姻の意思(同性パートナーの場合は、パートナー関係を将来にわたり継続する意思)をもち、同居により婚姻関係に準じた生活を営んでいる場合にかぎり、配偶者に含みます。

自転車事故例

傷害事故

・自転車運転中に歩行者に衝突。

・相手にケガを負わせ賠償責任を負った。

物損事故

・下り坂でブレーキがきかず、自転車で停車中の車に衝突。

・車体を傷つけてしまい、損害賠償責任を負った。

自転車以外の事故例

傷害

・散歩中、飼い犬が他人にケガをさせた。

物損

・自分の子供が野球をしていて他人の家の窓ガラスを割ってしまった。

付帯サービス示談交渉サービス
日本国内において発生した事故により損害賠償請求を受けた際には、損害保険ジャパンが示談交渉をお引受けし、事故解決にあたる本サービスがご利用になれます。

他人にケガをさせた場合・他人の財物を壊した場合の補償

本保険は、国内外問わず、自転車事故や自転車事故以外の交通事故によりケガをされた場合に保険金をお支払いします。

保険期間:1年・一括払・本人型・交通傷害限定特約セット

被保険者の範囲※1 補償の対象となる型(被保険者)と保険金額
補償内容の詳細 保険金額
本人 死亡保険金
保険期間中の交通事故によるケガのため、事故発生日からその日を含めて180日以内に死亡された場合の補償をします。
100万円
後遺障害保険金※2
保険期間中の交通事故によるケガのため、事故発生日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合の補償をします。(後遺障害の程度に応じて死亡・後遺障害保険金金額の4%~100%をお支払いします。)
◎ 上記金額の4%100%
入院保険金
保険期間中の交通事故によるケガのため、入院された場合の補償をします。(180日程度)
4,000円/日
手術保険金
保険期間中の交通事故によるケガの治療ため、公的医療保険制度の給付対象である手術を受けられた場合の補償をします。
◎ 入院中の手術:40,000
◎ 入院中以外の手術:20,000

※1 加入した方のみが保険の対象となります。

※2 お支払いする後遺障害保険金の額は、保健期間を通じ、死亡・後遺障害保険金額を限度とします。

自転車事故例

・自転車運転中に転倒。ケガをして入院した。 ・自転車相手に衝突事故。ケガをして入院した。 ・自転車にはねられてケガをし、後遺障害が生じた。

自転車事故以外

・乗物(自動車・電車・航空機など)に乗っているときの事故によってケガをした。

・乗物にひかれたり、はねられた場合の事故によってケガをした ・駅の改札口内での事故によってケガをした。

知っていますか?


自転車事故では、実際に高額の賠償金を支払う判例も発生しています。自転車による加害事故は年間1万9,617件、自転車事故全体に占める割合は16.2%といわれています。

※平成25年度統計 出典:日本損害保険協会 知っていますか?自転車の事故~安全な乗り方と事故への備え~

ページトップへ