月次営業報告

2022年2月期

(2021年7月12日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2021年6月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比(%)
既存店 日商 103.3
客数 102.2
客単価 101.1
全店 売上高 102.5

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 7 61 - - -
閉店 8 69 - - -
純増減 △1 △8 - - -
月末店舗数 - 15,717 16,638 8,303 24,941

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
328 389 204 921

ファミリーマート概況

*当月の総括

40周年企画「40のいいこと!?」の施策として発売した、デザート新商品のヒットや、「お試しクーポン」、「1個買うと、1個もらえる」といった「おトク」な販促キャンペーン企画が好調に推移し、売上・客数は前年を上回る実績となった。

また、6月21日に、1都7県において、緊急事態宣言がまん延防止等重点措置に移行したことも、特に都心部にある店舗の売上・集客の底上げに貢献した。

一方、外出自粛は継続する傾向にあり、消費者のライフスタイルの変化に合わせて強化している、日常使いの日配・生鮮品や冷凍食品などの商品も引き続き好調を維持している。

*商品別状況

【デザート】  「40のいいこと!?」の1つである、6月22日発売の「バタービスケットサンド」が、発売9日間で300万食を突破するなど好調に推移し、デザート全体で前年を大きく上回った。

【菓子】    「40のいいこと!?」の1つである「カラムーチョフェア」が好調に推移したほか、スマホ決済機能付きアプリ「ファミペイ」を利用した「お試しクーポン」企画で、対象商品となったオリジナル菓子の効果もあり、前年を大きく上回った。

【ドライ飲料】 Afternoon Tea監修のオリジナルお茶飲料が、女性のお客さまを中心に好調に推移したほか、「1個買うと、1個もらえる」キャンペーンや、「お試しクーポン」企画で対象となった飲料が好調に推移し、前年を大きく上回った。

ページトップへ