月次営業報告

2021年2月期

(2021年1月12日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2020年12月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比(%)
既存店 日商 94.8
客数 88.4
客単価 107.2
全店 売上高 96.8

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 12 179 - - -
閉店 5 125 - - -
純増減 7 54 - - -
月末店舗数 15,740 15,740 16,663 8,256 24,919

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
329 390 204 923

ファミリーマート概況

*当月の総括

当月は、新型コロナウイルスの感染再拡大にともなう外出自粛の影響が見られる中、日常使いの商品の品揃え強化を継続した。また、在宅時間の増加に合わせて、クリスマス関連商材の予約承りの強化や年末年始に向けたキャンペーン等を実施し、売上・客数の押し上げに貢献した。一方で、オフィス立地や観光地等における客数減の影響を受け、全体の既存比を押し下げた。

*商品別状況

【日配・生鮮品】  簡易調理可能なカット野菜や豆腐・玉子など「お母さん食堂」の食材シリーズが引き続き好調に推移した。

【冷凍食品】    「お母さん食堂」の冷凍野菜シリーズが引き続き好調に推移した。

【日用品】     ファミリーマート限定の人気アーティストの一番くじが好調に推移した。

【デザート】    クリスマスケーキの事前予約が好調に推移し、デザート全体の好調にも貢献した。



ページトップへ