月次営業報告

2021年2月期

(2020年10月12日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2020年9月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比(%)
既存店 日商 95.3
客数 86.7
客単価 110.0
全店 売上高 94.5

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 13 135 - - -
閉店 5 104 - - -
純増減 8 31 - - -
月末店舗数 15,717 15,717 16,642 8,188 24,830

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
328 391 206 925

ファミリーマート概況

*当月の総括

当月は「お母さん食堂」のテレビCMを始め、メディアを活用した商品紹介及びSNSを活用した販促を打ち出したことで総菜・デザートなどのカテゴリは大きく伸長した。大型連休となった9/19からの4連休では、イベントの規制緩和など行楽需要に回復がみられたことで弁当や菓子なども好調に推移した。また、タバコ増税前の駆け込み需要も既存比の押上げ要因となった。    

*商品別状況

【デザート】    9/26テレビ放映に伴い、紹介された商品が好調に推移した効果もあり前年をクリアした。

【日配・生鮮品】  9/22からのお母さん食堂のCM放映及び割引セール実施などにより前年をクリアした。

【冷凍食品】    先月に引き続き、簡易調理可能な冷凍麺類や冷凍総菜などが好調に推移した。

【駄菓子】     キャラクターコラボキャンペーンの影響もあり好調に推移。




ページトップへ