月次営業報告

2021年2月期

(2020年6月10日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2020年5月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比伸び率(%)
既存店 日商 △11.0
客数 △19.9
客単価 11.2
全店 売上高 △13.8

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 21 64 - - -
閉店 17 61 - - -
純増減 4 3 - - -
月末店舗数 15,689 15,689 16,613 8,032 24,645

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
327 391 206 924

ファミリーマート概況

*当月の総括

4月に引き続き、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い、購買行動の変化が生じたことによる売上高の影響を受けたが、外出自粛や在宅勤務の浸透による消費行動にも変化が見られ、自炊需要である日配・生鮮品や調味料が好調に推移、また野菜価格高騰に伴いカット野菜の需要も高まりもあり、客単価は前年超えをしている。

なお、5/25の緊急事態宣言解除により、客数及び売上も回復傾向にある。

*商品別状況
【日配・生鮮品】内食需要に伴い、カット野菜、納豆、バター・マーガリン等が伸長し前年をクリアした。

 

【冷凍食品】簡易調理可能な冷凍麺類や冷凍総菜などが好調で前年をクリアした。

 

【アイスクリーム】外出自粛に伴い、マルチパックアイスや高級アイスが伸長し、前年をクリアした。


【紙・衛生用品】マスクの供給不足解消に伴い前年をクリアした。


 







ページトップへ