月次営業報告

2020年2月期

(2020年1 月10日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2019年12月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比伸び率(%)
既存店 日商 △1.2
客数 △2.1
客単価 0.9
全店 売上高 △3.0

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 36 335 - - -
閉店 14 220 - - -
純増 22 115 - - -
月末店舗数 15,628 15,628 16,556 7,794 24,350

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
327 397 204 928

ファミリーマート概況

*当月の総括
当月は、米飯(おむすび・寿司)、クリスマス用商材を中心としたデザート、および「お母さん食堂」シリーズ、カウンターコーヒーが引き続き伸長。一方で、前年同月のPayPayキャンペーンの反動もあり、特にたばこや日用品等が伸び悩んだ。なお、11月26日より開始したマルチポイントサービスの効果もあり「ファミペイ」のダウンロード数は順調に推移、12月末時点で440万ダウンロードを達成した。

*商品別状況
※文中の価格はすべて税込
【おむすび】スーパー大麦を使用した健康系おむすびの他、「大きな鮭はらみおむすび」(198円)等の高付加価値商品が好調。dポイントとのキャンペーンも奏功し、前年実績をクリアした。

【惣菜】「夜ファミマ」(お母さん食堂2個購入で30円値引き、更にFamiPay決済で30ボーナス還元)の販促策も奏功し、「お母さん食堂」シリーズは冷凍食品も併せて順調に推移。

【デザート】「たべる牧場スフレプリン」(288円)、クリスマス用ケーキ等が好調で、前年実績をクリアした。



ページトップへ