月次営業報告

2020年2月期

(2020年3月10日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2020年2月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比伸び率(%)
既存店 日商 △0.9
客数 △1.4
客単価 0.5
全店 売上高 1.8

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 92 448 - - -
閉店 32 275 - - -
純増 60 173 - - -
月末店舗数 15,686 15,686 16,611 7,952 24,563

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
326 395 204 925

ファミリーマート概況

*当月の総括
当月は、「お母さん食堂」のパウチ型惣菜・冷凍食品、カップ麺など日持ちする商品や、新たなシリーズ「デザートモンスター」を発売した手作りデザート類、カウンターコーヒーが好調に推移した。中食全体では、前年のおむすび100円セールの反動やカウンターFFを除くと前年並みとなった。また、新型コロナウイルスの影響によるマスクなどの日用品の駆け込み需要があり、「中食以外」は前年並みとなった。「ファミペイ」のダウンロード数は引き続き順調に推移しており、2月末時点で500万ダウンロードを達成した。  

*商品別状況
【デザート】2月4日より発売を開始したワンハンドタイプの新商品「デザートモンスター」シリーズ等が好調で前年実績をクリアした。

【惣菜】新型コロナウイルスの影響もあり、中食の需要が高まったことで、お母さん食堂シリーズを中心にスープ類も好調で、前年実績をクリアした。

【調理パン】全粒粉を使用したサンドイッチやフルーツサンド等が好調だった他、朝の時間帯を対象にした販促の効果もあり、前年実績をクリアした。




ページトップへ