月次営業報告

2021年2月期

(2020年7月10日更新)

毎月10日前後の更新で、月次の営業実績と店舗数の推移をご報告しています。

2020年6月度

営業実績(国内:単体ベース)

  前年比伸び率(%)
既存店 日商 △8.2
客数 △14.7
客単価 7.8
全店 売上高 △8.3

既存店前年比はカード・チケットを除く数値です。

店舗数

ファミリーマート
(プロパー)
国内計
(AFC含)
海外計国内外
合計
当月累計
出店 18 82 - - -
閉店 11 72 - - -
純増減 7 10 - - -
月末店舗数 15,696 15,696 16,618 8,081 24,699

AFC別月末店舗数

沖縄南九州JR九州R国内AFC計
326 389 207 922

ファミリーマート概況

*当月の総括

 5月末の緊急事態宣言解除及び6/19の県外を跨ぐ移動規制解除により、客数の戻りに伴い、中食の売上が堅調な回復を見せている。売上においては、都心部は在宅勤務等の継続は見られ緩やかな回復傾向である。一方で郊外地区においては、自炊需要である日配・生鮮品や調味料は引き続き好調を維持し早期の回復に向かっている。

*商品別状況
【デザート】30円引きクーポンの販促施策及びテレビ放映の効果により、前年実績を大きく上回った。

 

【冷凍食品】先月に引き続き、簡易調理可能な冷凍麺類や冷凍総菜が好調であり、また気温上昇による氷・冷凍飲料なども好調に推移した。

 

【日用品】マスクの売上が牽引し前年実績をクリアした。



 







ページトップへ