重要課題4:高度化・多様化する消費者ニーズへの対応

SDGs


取り組み


基本的な考え方

当社は、ライフスタイルや価値観の多様化を踏まえた独自の商品開発や、品揃えの拡充を行い、幅広い消費者ニーズにお応えしていくことを目指しています。

商品開発では、多様な消費者ニーズを取り入れ、省時間的で利便性があり、毎日の生活に役立てていただける高付加価値商品を中心に、他社との差別化を図りながら商品の開発やリニューアルを行っています。また消費者の世代別ライフスタイルの傾向を重視した商品づくりにも取り組んでいます。

創出する価値

当社は、地域のお客様のより良い生活に貢献するため、多様な商品をご提案しています。毎日の暮らしをより新鮮で楽しくする、幅広い消費者ニーズに対応した売場づくりを推進し、一人ひとりのお客様が求めるライフスタイルの実現をサポートしていきます。

リアル店舗は、豊富な品揃えの中から、これまで見聞きしたことがない商品や、新たな価値を提案する商品を、実際に手に取り感じることができるというメリットを持っています。この特性を活かして、当社の店舗が新たな商品への出会いや、体験の創出の場につながるよう努めていきます。

推進体制

商品開発は、お客様の要望や各種調査に基づいて開発コンセプトを策定し、カテゴリー別に各部門が商品仕様の詳細を決定します。営業、マーケティング、商品の各部門が週次で定例会議を行い、販売状況やプロモーションなどの情報共有や品質向上に向けた議論を行っています。販売施策のひとつとして、メーカーとのパートナーシップによる販売促進企画も実施しています。1ヶ月に1社、メーカーと協働した企画により、消費者に新たな価値を提案しています

ページトップへ