重要課題2:社会・生活インフラとして、活力ある地域社会の発展への貢献

SDGs


取り組み


基本的な考え方

当社は、社会・生活インフラを担う小売業として、地域密着経営を通して地域社会の発展に貢献できるよう、日々取り組んでいます。少子高齢化や外国人人口の増加、また働き方改革の進展などにより、地域社会でもライフスタイルの多様化が進んでいます。こうした中、日々生活を支える小売業として、リアル店舗の役割は大きくなってきています。

また地震や集中豪雨などの自然災害により大きな被害が発生した場合は、社会インフラ機能として、全国の商品供給網や物流網を活用し、被災地に少しでも早く物資をご提供できるように、国や自治体、他の企業等と協力しながら、日頃から計画的に準備をしています。

創出する価値

地域社会のニーズにあった商品やサービスの提供を通して、暮らしに新たな発見や体験をご提供し、楽しい毎日の生活の実現に貢献したいと考えています。

また、日々のコミュニケーションを通して地域の活性化に寄与し、自然災害などによる被災時は早期復興に向けた商品の安定供給を維持することで、安全で安心な地域社会づくりに貢献できるよう努めます。

推進体制

当社は、店舗を起点に、営業部門、商品部門、物流部門等が機能を発揮しながら、それぞれの地域のニーズを踏まえた取り組みを推進しています。

大規模自然災害の被災地支援に関しては、全国の自治体と協定を締結しています。また、他の企業や団体とも協働して、災害有事での支援体制も整備しています。

 

ページトップへ