持続可能な資源利用と環境汚染の防止

閉鎖店什器のリサイクル活用

店舗閉鎖時に排出されるカウンター周りの什器のうち、利用可能なものは、整備・再生し、リユース什器として既存店の追加什器や修理代替機として活用しています。利用不可能なものは、解体・分別し機器や資材の原材料(鉄・銅など)としてリサイクルしています。

レジ袋の使用を削減するための取り組み

ファミリーマートではお客さまにご不便をおかけすることなく、不要なレジ袋の使用を削減するための取り組みを推進しています。日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の統一目標「2020年度までにレジ袋辞退率30%以上」に対し、2018年度のレジ袋辞退率は28.9%という実績でした。お客さまのご理解とご協力をいただきながら、引き続き削減に取り組んでまいります。

  • お声をかけてレジ袋が必要かをお聞きしています。
  • 適切なサイズのレジ袋の使用を心がけています。
  • レジ袋の薄肉化を実施しています。
  • 店内放送でご協力をお願いしています。
  • レジ液晶POPでマイバッグ持参のご協力をお願いしています。
  • 店頭入口付近にポスターを掲出し、協力をお願いしています。

ページトップへ