地域社会の発展・活性化

地域の集いの場

店舗内に設置したイートインスペースは、地域のつながりを深める拠点としても活用されています。
購入した商品を飲食するだけでなく、オフィス立地では仕事の合間の憩いの場として、住宅街やロードサイドなどはご家族や友人との会話を楽しむコミュニティスペースとして、またNPOやサークル等のイベント場所としても活用いただいています。

2019年4月より地域交流および未来を担うこどもたちを応援する取り組みの一環として開始した「ファミマこども食堂」では、イートインスペースを活用し、参加者みんなで一緒に楽しく食事をすることで地域交流の機会を創出しています。

地域の集いの場として活用されるイートインスペース

ファミマこども食堂の様子

高齢社会への対応

ファミマサークルの開催

店舗のイートインスペースを活用し、高齢者が抱える課題解決に協力するため、地域交流会「ファミマサークル」を行っています。お客さま同士のつながりの創出や、警察および自治体が取り組む“ 特殊詐欺の被害防止”、“ 高齢者の運転免許自主返納”、“ フレイル(加齢に伴う心身の活力低下)予防” などの講習会を開催し、参加者同士や店長・ストアスタッフが意見交換しながら交流を深めています。

 2020 年からは新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、シニアの集まる地域のサロンと店舗をオンライン接続する「デジタルファミマサークル」を開催しています。

これからも、店舗がそれぞれの地域で暮らしに役立つ情報提供と地域交流の拠点となり、地域ぐるみで支え合うまちづくりを推進します。

ファミマサークルの様子

シニアスタッフの活用

ファミリーマートでは、地域の高齢化が進む中、シニア 層が持つ知識や技術、そして働く意欲を活かす取り組み にも力を入れています。店舗では、雇用状況も踏まえな がら、健康で元気なシニア層の方々を積極的に採用して おり、長年その地域での暮らしから培った知恵や多くの経 験を活かし、元気に働いていただいています。またシニア の方々が持つ地域の人々とのネットワークは、店舗とお客 様の強い信頼関係を生み出しているだけでなく、コミュニ ケーションを通した地域全体との太い絆づくりにも役立っ ています。

元気に働くシニアスタッフ

認知症サポーター

高齢化の進展とともに認知症患者数が増加しています。

認知症に対する正しい知識と理解を持って認知症患者やその家族の支援にあたり、かつその姿勢を店舗運営に活かすために、店長をはじめ、本部社員へも定期的な養成講座を開催し、2021 年2 月時点で974 名が「認知症サポーター」を取得しました。

引き続き、認知症サポーター養成講座を実施し、取得者を増やす一方で自治体との連携を深め、安心して暮らしていけるまちづくりに貢献していきます。

長野県での「認知症サポーター養成講座」参加者

安全・安心なまちづくり

セーフティステーション活動

当社では、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の一員として、2000 年から地域の安全を守るセーフティステーション活動に取り組んでいます。

この活動は警察庁の呼びかけで始まったもので、国や自治体、地域の方々とも協力しながら、日頃からの防犯や防災、安全への対策として、徘徊高齢者や女性・子どもなどの駆け込み対応はもとより、20 歳未満者へのたばこ・酒類の販売禁止の徹底と、深夜時間帯での青少年に対する帰宅促しなども積極的に実施しています。

 2020 年は、「特殊詐欺の被害未然防止対応」などで、JFA から合計 279 店(47 都道府県のすべての店舗)が表彰されました。

 今後も「まちの安全・安心な拠点」 として、地域に密着した店舗運営に取り組んでいきます。

セーフティステーション ポスター

20歳未満の方への酒・たばこの販売防止

ファミリーマートでは、20歳未満の方へ酒・たばこを販売しない取り組みを推進しています。2017年7月には、レジプログラムを変更し、レジで酒・たばこの商品をスキャンした際、音声ガイダンスと同時に、ストアスタッフ側・お客さま側のレジ画面にメッセージを表示することで、ストアスタッフへの注意喚起や、お客さまの年齢確認をしやすくしました。

ストアスタッフの採用時は、年齢確認を行うための研修を受けてから接客を行っており、そのほかにも、年2回定期的に「お酒・たばこ販売体制」に関する教育を、全店のストアスタッフに対し実施しています。

また、定期教育の受講完了記録のほか、法律に定められている酒類の売場表示や区分陳列が適正に行われているか、20歳未満の方の飲酒・喫煙を禁じるPOPや「年齢確認実施中」のポスターなどが設置されているかなどを、店長、スーパーバイザーが確認しています。

 

店頭での年齢確認

  • 1.レジにて酒・たばこの商品をスキャンすると、音声メッセージが流れます。「年齢確認のご協力をお願いいたします」
  • 2.音声ガイダンスと同時に、ストアスタッフ側・お客さま側のレジ画面にメッセージが表示されます。
  • 3.お客さまにレジ画面ボタンを押していただくと、音声ガイダンスが流れます。「身分証明書をご提示いただく場合がございます」 

年齢確認バッジを着け、お客さまへの接客を行なっています。

レジ画面メッセージ (お客さま側)

レジ画面メッセージ

レジ画面メッセージ(ストアスタッフ側)

喫煙マナー向上への取り組み

店舗における店頭灰皿の設置につきましては、各自治体の施行する路上喫煙に関する条例を目安として運用を行っています。条例で指定された路上喫煙禁止区域内の店舗では、原則的に灰皿の設置はせず、それ以外の立地の店舗については、設置場所の見直しや灰皿を使用するお客様に対する周辺への配慮呼びかけなど、各店舗とも状況に応じて対応を行っております。

ページトップへ