国土緑化推進機構

荒廃し、減少を続ける森林を守るために、地球規模で「国民参加の森林づくり」を推進

国土緑化推進機構は、国土緑化運動を国民運動として推進するために設立された公益社団法人です。
水源のかん養、生物多様性の保全、地球温暖化防止など、多くのかけがえのない恵みを私たちに与えてくれる森林を、良好な状態で次代に受け渡していくことを課題とし、全国緑化キャンペーン、「緑の少年団」の育成、森林ボランティア活動の支援などの事業を展開しています。また、「緑の募金」に寄せられた寄付金は、荒れた水源林の再生のための植林や間伐などの森林の整備、青少年の環境教育や心身の健康づくりのための森林づくりなどの緑化の推進、熱帯林の再生や砂漠地域の緑化などの国際協力に取り組むNPO/NGOの支援に活用されています。
ファミリーマートは店頭募金「ファミリーマート夢の掛け橋募金」の寄付先として、 2006年から「緑の募金」「聞き書き甲子園(共存の森ネットワーク)」、2018年から「子どもたちの未来の森づくり事業」への支援を行っています。

夢の掛け橋募金による活動内容

「森の教室」を応援

国土緑化推進機構が「緑の募金」を活用して主催する「森の教室~どんぐりくんと森の仲間たち~」は幼稚園・保育園児に森の素晴らしさを伝え、森づくりに加わってもらう全国巡回型プログラムです。森づくりの名人「どんぐりくん」と森の仲間たちが活躍するショーを楽しみ、どんぐりの種まきもしてもらいます。園で育てた苗木は2年後に回収し、植林を実施する予定です。

こどもたちに森林の大切さを伝える「森の教室」

こどもたちに森林の大切さを伝える「森の教室」

聞き書き甲子園を支援

「聞き書き甲子園」は、認定NPO法人共存の森ネットワーク等が主催する、高校生たちが森や海・川の名手・名人を訪ね、知恵や技術、人生そのものを「聞き書き」し記録する活動で、ファミリーマートでは、2006年から募金だけでなく、店頭での募集告知や社員派遣などの支援も行っています。 世代を超えた名人との出会いは、自分の世界を広げるきっかけとなり、これから進路や将来を考えていかなければならない高校生参加者にとっては、かけがえのない貴重な体験となっています。

画像

高校生が名人を訪ねて記録に残す「聞き書き甲子園」

関連ページ

ページトップへ